-

旦那が出張の間に。

旦那が出張の間に

私は33歳の主婦です。
主人とは特に仲が悪いわけでもなく、でも仲がめちゃくちゃ良いわけでもない夫婦です。私の家には子供が居ません。
そんな主人が今月の頭に出張に行く事になりました。
私は刺激を求めたのでしょうか。
出会い系サイトに接続しました。
周りの友達は子供が居るので全然夜遊びも出来ないなあと思って居た私には出会い系サイトの存在はありがたい存在でした。
そこで出会ったのは24歳の大学院生でした。
その子は童貞だと言って女性の免疫を付けたいと言っていました。
こちら
私は、あんまり深く考えずにただ暇だったのと夜遊びがしたかった為に彼に会えるとサイト内で話を進めてみました。
私のその話に彼は少し怖がっていましたが、すぐに私が何もない普通の主婦だと分かった彼は会うことを快諾してくれました。
久々に旦那以外の男性と会うことでものすごくテンションが上がりました。そしてオシャレをして出かけました。
彼の目印を見て私が声をかけると可愛らしい男の子が駆け寄って来ました。
私のことも若くみえると彼も気に入ってくれて、普通にご飯を食べてカラオケしてデートの様なことをしました。
こちら
でも、その子は童貞なので肉体関係は持ちませんでした。
なんか、いい子過ぎたので。笑
でもすごくいい息抜きになりました。
出会い系サイトも使い方、運などあるかもしれませんが彼とは今でも友達関係を保っています。

出会い系サイトの活用法

出会い系サイトと聞けば、親密な交際相手を探す場所、と想像してしまいますが、現在では出会い系サイトとは婚活サイトやSNSもその中に含まれて居ます。
そもそも出会い系とは異性との出会いを求めている男女を取り持つためのサイトという意味です。
こちら
もちろん、出会い系には愛人を募集して、あまり世間一般では公表できないお付き合いを助長するサイトも存在していますが、これはこれで、大人同士のお付き合いと本人が割り切っていれば周りがうるさく言う筋合いではありません。
だからといって、出会い系サイトが全て大人のお付き合いだけの目的ではなく、本気で将来を見据えたお付き合いまたは、結婚までを考えている人が入会しているサイトもあることを知っておいて頂きたいのです。
現在は、男女の出会いの場所が無い、と言われています。
お見合いするにも、近所のお付き合いも、親戚関係も薄いものとなってきて、良縁を持ってきてくれる人の存在が無いに等しくなったのです。
こちら
そこで、出会いの場所として新しく考えられたのがインターネットの世界です。
インターネットならば、パソコン画面で相手の顔写真やコメントを見て相手の雰囲気を確かめて、メールの交換して、気が合えば直接会ってみる約束をします。
そしてお互いが良い人だと思えば、直接の交際が始まって結婚までいたるケースも多く存在しています。
このように人生の伴侶を出会い系サイトで得ることもあるのです。
または、結婚まで行き着かなくても異性の友達として付き合うケースもあって、それはそれで楽しいお付き合いが出来る場所として活用されています。

1
2
3

b.hatena.ne.jp/entry/www.hoken-firstguide.tokyo/kojin-nenkin/503.html


<<前のページへ   次のページへ>>