-

出会い系サイトの質

出会い系サイトの質

出会い系サイトとは、社会一般的にあまりいいイメージを持たれてはいないように思える。
確かに、不特定多数の人がアクセスするような掲示板は犯罪に巻き込まれる可能性が高いサイトといえる。
しかしながら、きちんとプロフィールを登録している出会い系サイトはどうであろうか。
匿名性は比較的高いとはいえ、運営会社が個人を特定できる情報を管理しているのであれば、それは普通のお見合いサイトと同じではないだろうか。
当然のことながら、個人情報を管理しているからと言って必ず安全であるという保証はない。
利用はあくまで自己責任で行われるべきであるし、そうなってくるとある程度の年齢制限は当然必要であろうと思う。
実際にこの様な出会い系サイトを利用した時も、それまでやり取りしていた通りのイメージの人だった場合が多いですし、何かの勧誘とかに会ったこともありません。
だいたいそれまでのメールのやり取りで、相手がどういう人なのかは確かめることができるからです。
確かに怪しい人も何人かいましたが、それはそれで御断りをすればいいだけの話ですし、人目の多いところで最初は会えばいいだけのこと。
結局のところ、どういう出会いをしたいかによってどこのサイトを使うかの使い分けすることが重要となってくるではなかろうか。

出会い系サイトって楽しい

高校は女子高でした。
だからでしょうか、あまり男性に対して積極的になれない自分がいました。
容姿も平凡だったし、要は自分に自信がなかったんでしょうね。
なので、大学に入っても友達に誘われたサークル活動に真剣に取り組むことが出来ずに疎遠になり、本当に狭い人間関係の中で生活していました。
それでも、やっぱり異性と付き合ってみたい。
もっと楽しい学生生活を送りたい。
という気持ちが強くなり、興味もあって出会い系サイトへ登録をすることにしました。
最初はドキドキでした。
「出会い系は危ない」「不安だ」という印象を持っていましたし、周りにもあまり公言できるような雰囲気ではなかったですから。
でも、簡単なプロフィールを入力し、PR文を書き込むと、すぐに複数の男性から「お友達になりましょう」といったメールが送られてくるんです。
それって、現実に全く出会いがなかった私にとっては画期的な出来事でしたし、とても刺激的な事でもありました。
相手のプロフィールを見て、自分と気が合いそうな人とメールのやり取りをします。
レスポンスも早くて、返事を書くのが楽しくてしょうがありませんでした。
その内、写真をメールで交換などして、実際に会いませんか?という流れになる事が多かったです。
デート気分が味わえて楽しかったですし、色々な話をすることが出来たので出会い系サイトって怖いってイメージも確かにありますが、それは本当にごく一部の事で、実際はみなさん真面目に人とのつながりを求めている人だったと思います。
出会い系サイトってだけで敬遠しているなんて、ちょっともったいないかもしれませんよ。

実は危険な出会い系サイト

出会い系サイトとは、インターネットを通じて恋人や友達との出会いを求める人が集まるサイトです。大手企業が経営するサイトもあれば、無名の会社が経営するサイトも存在します。総じて言えるのは、あまり良いイメージは無いということです。最近はSNSサイトが多く存在し、出会い系サイトは少なくなってきています。
男性は有料で女性は無料のことが多く、男性は運営からポイントを購入し、そのポイントを使って、女性へメールや電話のアクセスをします。女性はメールや電話のやり取りで、ポイントや景品を貰えたりする事もあるようです。サイト内でのやり取りになるので、お互いのメールアドレスや電話番号は通知されません。
純粋に恋人や友達との出会いを求めてる人、愛人を探してる人、パトロンを探してる人、ただのお小遣い稼ぎの人、詐欺師やねずみ講に勧誘しようとするなど人様々な人が利用しています。登録ややり取りをしているものの、実際に出会える確立はそんなに高くないのが実状です。
出会い系サイトを利用し、犯罪に巻き込まれることも少なくありません。テレビや新聞で報道されているニュースはその一部で、大きい小さいにかかわらず、日常的に事件になっています。サイトにアクセスするのは簡単で、児童が巻き込まれるケースもあり、警察庁もその注意を促しています。女性はリスクも高く、強制わいせつや脅迫、恐喝、監禁など、力の強い男性に強引にされると大変危険です。
サイトが存在するということは、利用者も存在するということですが、出会いを求めるツールとしてはあまりお勧めできません。

1
2
3

b.hatena.ne.jp/entry/www.cardloan-firstguide.com/546.html


<<前のページへ   次のページへ>>